• e.max
  • CADCAM

e.max

沢山のセラミックスの中で最も人の歯に近いemax

歯科医院様へ

1番の理由は、耐摩耗硬度が天然歯に近く同じように咬耗してくれる。
キャスタブルで適合もよく色も本物の歯と見分けがつかない。
メタルフリーでアレルギーがない。
強度も十分に高い。
プラークがつきにくい。

こんなお悩みや不安はありませんか?

  • 金属アレルギーがあるので一般的な入れ歯を入れられない
  • 自然な見た目の入れ歯にしたい
  • 虫歯に強い入れ歯がいい
  • 丈夫な入れ歯を作りたい

矢印

金属不使用の素材「e.max」にお任せ

上記のようなお悩みをお持ちの方にぴったりなのが、当社が製作している、歯科素材「e.max」です。

  • メタルフリー(金属不使用)で金属アレルギーの方も安心
  • 抜群の審美性・天然歯とほとんど変わらない見た目
  • 非常に滑らかな質感で、歯垢の付着を抑制
  • 一般的なセラミック素材の数倍の強度

こんなお悩みや不安はありませんか?

e.maxの特徴としてまず挙げられるのが、金属不使用の素材である点と、現行の歯科素材で最良との呼び声も高い抜群の審美性を持つ点です。金属アレルギーをお持ちの方はもちろん、これから発症するリスクも抑え、なおかつほとんどご自身の歯を変わらない見た目のお口を取り戻すことが可能。強度も高く、破折のリスクもほとんどありません。

e.maxとは~金属アレルギーのリスクを抑える素材~

銀歯や金属バネのついた入れ歯など、歯科診療に金属を用いることで、金属アレルギーを引き起こすことがあります。口の中では、金属はイオン化して溶け出しやすい状態になり、だ液や口腔細菌、血液などのタンパク質と結合することで、抗原性(アレルギー性)を持ちます。その結果、皮膚炎や肌のシワ、シミなどが現れるようになってしまうのです。また、口腔内は帯電しやすいため、金属による微弱な電流が脳活動の混乱を引き起こしたり、頭痛・関節痛を増幅させたりすることもあります。

患者様によってはこうした症状が出ないこともありますが、長期的な蓄積が目に見えないリスクを生むことがあります。それは、免疫力の低下です。現在、懸念されているのは、金属成分の蓄積によって発がんや老化を助長してしまうのではないかということです。

右上1 e.max施術

歯科素材に金属を使うリスク(金属アレルギーなど)
皮膚炎 肌のシワ 肌のシミ
微弱電流による脳波の乱れ 頭痛 関節痛
免疫力の低下 発がんリスクの増加 老化の助長

金属を使わない歯科素材なら、これらのリスクを回避できます

こうしたリスクを避けるために、歯科技工物からできるかぎり金属を排除していくことが求められています。当社が取り扱う「e.max」は金属を使用せず、同等以上の機能を発揮する素材。金属を用いたメタルボンドとほとんど変わらない費用で、安心の治療を行うことができます。

e.maxの特徴

高い強度

色適合精度にすぐれる「ニケイ酸リチウムの結晶」を用いており、インレー(詰め物)の素材としては、最良の部類に入る高い強度を実現。従来のポーセレンインレー(セラミックインレー)では不可能だった400Mpaという曲げ強度を誇ります。
※ポーセレンインレーの曲げ強度は80Mpa程度

抜群の審美性

非常に透明度の高い素材で、抜群の審美性を実現します。天然歯と見紛う美しい歯科技工物をご提供することができます。

すぐれた質感

e.maxは、高い強度を持ちながら、摩耗強度にもすぐれます。また、表面がガラスセラミックスでできており、非常に滑らかなため、プラークの付着を抑えることができます。

右上1 e.max施術

好症例

口腔内写真

上顎2112

  • 好症例
  • 好症例
  • 好症例

上顎左側1

  • 好症例
  • 好症例

上顎2112

  • 好症例
  • 好症例
  • 好症例

症例4

  • 症例4
  • 症例4

Q&A

支台歯の色調で気をつけることはありますか?

グルーブを掘った歯は将来どのように対応していくのでしょうか?

使用するインゴットの透明度により、支台歯の色調がオールセラミックの技工物に影響を与えます。そのため、支台歯の色調を正しく知ることが重要です。各症例に適した歯冠色の作業用支台歯を製作する必要があります。

シンベニアとは何ですか?

ワイヤーグルーブの位置はどうやって特定すればいいでしょうか?

シンベニアとは、厚みが0.3~0.4mmの非常に薄いベニアのことを言います。前歯部に使用するもので、接着性レジンセメントで接着します。支台歯形成が不要な場合もあるため、審美修復にも用いられます。

テーブルトップとは何でしょうか?

動揺歯の具合で残すべきでしょうか?また判断はどのように下せばよいでしょうか?

臼歯部の咬合面に使用する素材で、厚みが1mm以上のベニアのこと言います。接着には接着性レジンセメントを使用し、咬合挙上などの部分的な修正に使用されます。支台歯形成を最低限に抑えられるというメリットがあります。

e.max修復物のセメンティングはどのように行うのでしょうか?

動揺歯の具合で残すべきでしょうか?また判断はどのように下せばよいでしょうか?

修復物のセメンティングは、レジンセメント、セルフアドヒーシブ、従来型セメントといった方法で行います。とくにセルフアドヒーシブ、従来型セメントをご使用になる場合は、保持力を維持するため形成量を守ってセメンティングを行ってください。形成できない場合は、バリオリンクⅡ、バリオリンクベニア、マルチリンクオートミックスなどのレジンセメントで接着します。
なお、リン酸塩系セメントは修復物の審美性を損なうことがあるため使用を控えてください。

CADCAM

こんなお悩みや不安はありませんか?

  • 今使っている入れ歯は付けているだけで痛い
  • 食べ物をうまく咬めない
  • すぐに外れてしまう
  • 金属アレルギーがあるので、一般的な入れ歯は使えない

矢印

患者様に合わせた高精度の入れ歯を製作「CAD/CAM」にお任せ!

上記のようなお悩みをお持ちの方にぴったりなのが、当社が取り扱っている歯科技工物製作システム「CAD/CAM(キャド・キャム)」です。

「CAD/CAM」とは

従来の歯科医療では、お口に入れる詰め物や被せ物、入れ歯などのほとんどが、歯科技工士による手作業でつくられてきました。しかし手作業の場合、完全にぴったりな入れ歯をつくれなかったり、技工士によって品質の差がでてしまったりすることがありました。そこで、近年になり登場したのが「CAD/CAM」です。

CAD/CAMでは、入れ歯製作の「設計」や「加工」の工程をコンピュータが行います。患者様のお口の状態を解析したうえ、一人ひとりにぴったりの入れ歯を設計できるため、精密かつ安定した品質の入れ歯をつくることができます。また、作業の効率化が図れるため、短納期でお渡しすることが可能です。

CAD/CAMの特徴
  • コンピュータ上でお口のデータを解析&図面作成
  • 精巧な義歯(入れ歯)の削り出しが可能
  • 一人ひとりにぴったりの入れ歯を製作
  • 金属不使用の素材を使用
  • 自然な見た目

CAD/CAMの特徴CAD/CAMの特徴

当社では、金属を使わない素材で、精密な入れ歯をつくることができるCAD/CAMシステム「ノーベルプロセラ」を導入しています。金属アレルギーの症状が心配な方でも問題なく使用できるほか、本物の歯とほとんど変わらない見た目の入れ歯をご提供できます。さらに、患者様のお口に合わせて精巧につくるため、理想的な咬み合わせを実現します。

CADCAM冠はどこも同じ?

CADCAM冠はどこも同じ?

CADCAM冠はどこも同じ?と思っていませんか。
実は実際に導入するまではそう思っていました。
外注している間は気がつかなかったのです。

CADCAM冠はオペレーターによる部分がとても大きいことを知っていますか。CADCAMは加工支援装置であり、細部の命令は人が行うものです。1本1本歯台歯の形態、表面、アンダーカットの有無、歯台傾斜を見て、数値を変えていることは知らないと思います。

さらにSTLデータからNCデータへ変換されメーカーがCAMに行う加工パスは、適合に大きな影響を与えます。特にここは内面のフィットやマージンの先端など細部に表れ、下顎の前歯など細部をいかに表現できるかがオペレーターとメーカーの腕の見せ所となります。CADCAMはどこのラボも同じ?と思っていられたら、実際に出してみて試してみるのが一番の近道です。

スリーシェイプCADCAM

スリーシェイプCADCAMは、精巧な補綴物を製作できるCAD/CAMシステムです。最先端のテクノロジーを用いて、幅広い症例に対応するオー ルセラミック補綴物の製作を可能にしています。

ノーベルプロセラは、メタルフリー(金属不使用)のオールセラミック素材を用いて精巧な補綴物を製作できるCAD/CAMシステムです。最先端のテクノロジーを用いて、幅広い症例に対応するオールセラミック補綴物の製作を可能にしています。

スリーシェイプCADCAM冠 制作動画

動画公開中!


  • スリーシェイプデザイン

  • DWX-50 切削加工

医院様向けコンテンツ

当社から、各医院様へ向けてノーベルプロセラ(CAD/CAM)の情報をお届けします。

Nobel Biocare

医院様向けコンテンツ医院様向けコンテンツ

ノーベルプロセラで製作できる歯科技工物

技工物名 使用可能素材
クラウン(被せ物) アルミナ/ジルコニア/コバルトクロム※/チタン※
ブリッジ アルミナ/ジルコニア/コバルトクロム※/チタン※
アバットメント ジルコニア/チタン
インプラントブリッジ ジルコニア/チタンオールオンフォーファイブ
インプラントオーバーデンチャー チタン※

※プロセラスキャナー「ジェニオン」からのオーダーのみ対応可能

ノーベルプロセラによるオールセラミック補綴物の特徴
強度 金属よりも丈夫で欠けにくい
審美性 金属よりも軽く、また金属素材特有のブラックマージン(補綴物と歯肉の境目にできる黒いライン)が出ない
メタルフリー 金属不使用なので、金属アレルギーが起こらない
なめらかな質感 プラークが付着しにくく、変色も起きない
オールジルコニアクラウンについて

非常に硬く高い強度を持ち、審美性にもすぐれるオールジルコニアクラウンは、薄く製作できるため、歯髄の残った歯にも適用可能です。ただし、硬いがゆえに摩耗がなく、咬み合う天然歯に負担をかけることがあります。

好症例

ジルコニアBr

  • ジルコニアBr
  • ジルコニアBr
  • ジルコニアBr

にのみやデンタルクリニック 様

  • にのみやデンタルクリニック 様
  • にのみやデンタルクリニック 様
  • にのみやデンタルクリニック 様
  • にのみやデンタルクリニック 様
  • にのみやデンタルクリニック 様
  • にのみやデンタルクリニック 様
  • にのみやデンタルクリニック 様
  • にのみやデンタルクリニック 様

各種技工物に対応いたします。

当社では、「e.max」を使った歯科技工物のほかにも、各種の技工物の製作を承ります。患者様の症例やご要望に合わせて、適切なものをご提案できますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

もっと詳しく知りたい方はこちら

  • 注文方法
  • 模型の送付方法
  • 製作日数
  • 配送方法

無料申し込みフォーム

お薦めの歯科医院のご紹介

上に戻る