歯を抜かない新しい治療法、ペリオデンチャー

歯科医院様へ

今まで動揺歯に対する固定は難しい面がありました。
ペリオデンチャーはただ動揺歯の固定装置と言う面だけではなく動揺歯の正確な咬合調整装置の1面があります。 動揺が激しい歯に対しては正確な咬合調整は不可能です。そこでペリオデンチャーを装着した時点で正確な咬合調整を行い均等歯に咬合力をかける事で、歯の負担を減らす事が可能となります。

こんなお悩みや不安はありませんか?

  • 歯周病が進行していて普通の入れ歯を入れられない
  • 健康な歯を削る必要があるならため、やりたくない
  • 骨量が足りないためインプラントができない
  • グラグラしている歯を固定したい
  • 装着感のいい入れ歯を探している
  • しっかり固定できる入れ歯がいい

矢印

ぐらぐらの歯を固定する「ペリオデンチャー」にお任せ!

上記のようなお悩みをお持ちの方にぴったりなのが、当社が製作している、歯周病を患っている方にも適用可能な「ペリオデンチャー」です。

  • 歯周病が進行していても使用可能
  • ぐらぐらする歯を固定できる
  • すぐれた装着感
  • 手術不要、着脱式

特許を取得したすぐれた技術

歯周病が進行し炎症によって歯周組織が破壊されると、歯の支えが弱くなり、ぐらぐらしてきます。この歯のぐらつきを根本から改善するには、咬み合わせ調整も含めた歯周病治療を行いつつ、動揺歯をしっかりと固定して歯周組織の再石灰化を促す必要があります。しかし、歯周病進行してしまうと、歯科用セメントなどを使っても歯を固定するのが困難です。

ペリオデンチャーは、こうした症例に効果を発揮します。動揺歯を固定することで、咬み心地を改善しつつ進行した歯周病の治療をしやすくする、歯周病患者様のための義歯(入れ歯)です。

動揺を起こしているものの欠損のない歯列
動揺を起こしているものの
欠損のない歯列
ペリオデンチャーで固定可能
ペリオデンチャーで固定可能

ペリオデンチャーとは

ペリオスプリントデンチャー

7番の歯を失ったまま放置した場合、6番は後方の支持を失うことで動揺を招いてしまいます。そして、やがて揺れは大きくなり咬合方向へと挺出していきます。これが俗に言う「7番問題」です。ここで早期接触を起こすと、さらに動揺は大きくなり、ますます咬合方向への挺出が進行し、やがて歯が抜けてしまいます。

ペリオスプリントデンチャー(PSD)は、こうした7番問題を防止するためのデンチャーです。動揺する歯を囲い込むようにして複数の箇所で固定することで、歯の喪失を防ぎます。失った歯の補綴も行いながら、2本以上の又越しワイヤーを入れて固定するタイプのものを指すこともあります。

  • ペリオスプリントデンチャー
    7番を失っても、PSDを用いることで、5番・6番の喪失を防ぐことができます。PSDは、歯の喪失を予防する重要な事前対応法のひとつです。
  • ペリオスプリントデンチャー
    ※両側の7番を失った症例。リンガルバーは使用していない
  • ペリオスプリントデンチャー
    7番を喪失した時点で、7番の補綴物を含むペリオスプリントデンチャーを装着することで、5番6番を固定することができます。動揺歯であってもこれで固定できるため、正確な咬合調整を行うことで、長期に安定した咬合が期待できます。

横田誠先生が提唱する7番問題とその解決法「ペリオスプリントデンチャー(PSD)」

過去のセミナー

横田誠先生が提唱する7番問題とは、7番の動揺、欠損の放置によって起こる全体の咬合力の低下のこと。6番の歯を失うと、全体の咬合力の30%が失われるとされていますが、7番を失うと、実に全体の50%もの咬合力が失われるのです。横田先生は、40年にもおよぶ研究と膨大な臨床結果により、7番の歯が歯周病が引き起こすリスクのほとんどを包含していることを明らかにしました。

歯列の中でもっとも大きな咬合力を受ける7番に動揺や喪失が起こると、臼歯部の咬合崩壊が発生します。すなわち、7番をしっかり制する治療ができれば、口腔内の大きな問題のひとつを解決できることを意味します。さらに7番の喪失により、6番の動揺・喪失を引き起こすことが分かっています。上述のとおり、6番も咬合において大きな役割を担っている歯です。7番に加え6番も失うことで、咬合力の実に8割が失われることになるのです。

また、7番が失われ他の各歯に対する咬合の負担が増すことで、歯周組織が弱まり、歯周病の進行リスクが高まります。7番の喪失が6番や他の歯の喪失を引き起こすきっかけになり、負荷の大きい歯からどんどん抜け落ち、やがて歯列崩壊へと発展してしまうのです。つまり、歯列崩壊は「7番のわずかな動揺を見逃すこと」から始まると言えます。横田先生は、この現象を「7番問題」と名付けられました。

ペリオデンチャーとは

ペリオデンチャーは、そのすぐれたアイディアと技術が認められ、当社、九歯大名誉教授横田誠先生、田代歯科院長・田代芳之先生による三者共同特許(2009-35556号)を取得しています。ライセンス登録された歯科技工物ですので、製作した装置のすべてに“本物の証”としてシリアル番号が付与されます。

ペリオデンチャーの特徴

ペリオデンチャーには以下のようなすぐれた特徴があります。

  • 1.歯の切削を最小限に抑えられる
  • 2.歯周病治療後に残存する動揺歯を固定できる
  • 3.近心・遠心方向(歯の中心・奥への方向)と側方の揺れを防止できる
  • 4.着脱式のため清潔に保つことができる
  • 5.咬む力が向上する
  • 6.動揺歯を固定できるため、咬むときの不安を解消できる
  • 7.審美性が良好
  • 8.矯正後の保定装置にも使える
  • 9.歯周組織(歯槽骨、歯根膜繊維)の再構築を促せる
良好な使用感

床部分の素材に「熱可塑性ポリアミド弾性樹脂」を使用することで、薄く軽く、低吸水の技工物を製作可能。クラスプを使わず、顎堤のアンダーカットを利用して固定するので、快適な付け心地を実現します。また、線状補強材(ワイヤー部)にはコバルトクロムを使用します。

抜群の支持力

残存歯の最大豊隆部2~3mm幅で接し、頬舌的に残存歯を挟むことで歯の動揺を防ぎ、抜群の支持力を発揮。食渣(食べかす)が入りにくい作りになっています。

着脱が容易

残存歯挿入孔部位の歯冠下部に隙間があるため、比較的着脱が容易です。

ペリオデンチャーの種類

ペリオデンチャーは、大きく以下の2種類に分けられます。
1. 動揺歯(ぐらぐらしているものの現存している歯)を固定する装置
2. 1の機能プラス欠損した歯を補う義歯の機能も持たせた装置

適用できる方について

ペリオデンチャーが向いている方 ペリオデンチャー向いていない方
  • 動揺歯がある方
  • 咬む力が強い方
  • 適切にブラッシングできる方
  • 定期メンテナンスや治療を行える方
  • 複数の歯を固定する必要がある方
  • 急性症状のある方
  • 着脱式の義歯が苦手な方
  • 適切にブラッシングできない方
  • 定期メンテナンスや治療が困難な方
  • 咬合させることで症状が悪化する可能性がある方

ペリオデンチャー印象時の注意事項

歯周病が進行した歯の印象は控える

歯周病が進行し、ぐらつきが激しくなった歯を印象しようとすると、歯を失ってしまうことがあります。その場合は歯周病治療を優先し、状態が良化してから印象を行うようにしましょう。

印象は個人トレーを利用

印象時は個人トレーを用い、歯冠空隙にWAXや寒天で軽く埋めていただいたうえ、やややわらかめの印象材を使うと歯にやさしく印象することができます。

ワイヤーを入れる箇所について

食べ物を食べるときに頬舌的に開かないようにするため、ワイヤーを入れて補助します。前歯は審美性の観点からなるべく避け、臼歯部の入れやすいところを選んで複数本入れます。

好症例

好症例好症例

好症例好症例

好症例好症例

好症例好症例

当社に、相談のあった患者様のSOS

こんなお悩みや不安はありませんか?

一般的な入れ歯では、歯を支えるためのものが必要ですが、歯周病を患っているなどの動揺歯では十分な支えにすることはできません。ペリオデンチャーは、こうした動揺歯を固定することができ、なおかつ一部が欠けた歯の補綴も行える入れ歯。手術不要のため、インプラントが適用できない方も安心してご使用いただけます。

Q&A

グルーブを掘った歯は将来どのように対応していくのでしょうか?

グルーブを掘った歯は将来どのように対応していくのでしょうか?

よく研磨しておけば、他には何もしなくて大丈夫です。ただし、歯を削ることで歯を長期保存できるエビデンスについて、術者が患者様に十分にできるよう、「横田事前対応型歯周治療」を学ぶ必要があるでしょう。

ワイヤーグルーブの位置はどうやって特定すればいいでしょうか?

ワイヤーグルーブの位置はどうやって特定すればいいでしょうか?

A.基本的には全歯間部に通すことができます。極力歯を削りたくないときは、遠心レストと近心ワイヤーでも結構です。場合によっては、0.5~0.7mmのワイヤーを使えば削る量をかなり抑えられます。

動揺歯の具合で残すべきでしょうか?また判断はどのように下せばよいでしょうか?

動揺歯の具合で残すべきでしょうか?また判断はどのように下せばよいでしょうか?

A.1度以上、臼歯部ではペリオテスト値が7以上を示す歯です。かつ頬舌的動揺が大きく、連結固定でも動揺が残る症例とするとよいでしょう。

各種技工物に対応いたします。

当社では、「ペリオデンチャー」のほかにも、各種の高機能歯科技工物の製作を承ります。患者様の症例やご要望に合わせて、適切なものをご提案できますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

もっと詳しく知りたい方はこちら

  • 注文方法
  • 模型の送付方法
  • 製作日数
  • 配送方法

無料申し込みフォーム

お薦めの歯科医院のご紹介

上に戻る